So-net無料ブログ作成
検索選択
韓国旅行 ブログトップ

韓国旅行(1)--予習:私の朝鮮史 [韓国旅行]

地理的にも人種的にも日本に一番近い国であるのに、私もそうだったが、日本人は韓国の歴史をほとんど知らない。日本史との関連で古いことは知っている。高句麗、新羅、百済の3国があり、大和政権と交流があった。この当時は古墳などの様子を見ると文化的にも非常に近いことがわかる。

朝鮮の分裂は日本の国内政治にも影響を与え、蘇我氏が新羅よりで、天智系は百済よりだった。3国の争いは、一時高句麗が優勢になったが、唐が介入した。日本は百済を助けて唐とも戦ったが、最終的には、唐の援助を得た新羅が優勢になり、朝鮮半島主要部を統一した。

そのあと、新羅が内部分裂して、後百済(900年、甄萱(キョンフォン))、高麗(918年、王建)が生まれ、再び対立する後三国時代となった。日本はむしろこれらの北にあった渤海と交流した。

三国を統一したのは高麗だった。高麗は400年続いたが、日本も平安時代・国風文化の安定期で対外交渉はあまりなかった。このころが日本では平安時代の貴族社会だったが、高麗でも武班、文班が王を支える貴族社会が確立した。安定した貴族社会は、やがて王と文官が活力を失って行く。これは日本も朝鮮も同じだ。これに反発した武官が地方に台頭し実権を握るようになるのも日本と同じだったが、ここで歴史の流れが変わってきた。

モンゴルの侵入があり、元の支配下で高麗はモンゴルの下請け国家化していった。日本では元寇を撃退し、武家による執政があり、封建制度が確立されたが、朝鮮ではモンゴルによる征服で、封建制度の確立を逃がしてしまったことになる。中央集権が続いたのである。

元が衰退して行くと再び独立の機運となり、李成桂が高麗に変わって朝鮮王朝を立てた。途中、秀吉の朝鮮侵略などもあったが撃退し、1349年から明治まで500年続くことになった。日本の武士に対応するものは生まれなかったが、元の高麗の武官文官が両班と言われる階級を形成した。日本で言う公卿と武士が合わさったものだが、どちらかと言えば文官色が強く、儒教教養を争った。

武士も徳川時代には武力を使うことはなかったから、両班と同じようなものだが、米さえあれば自立して食っていけるので、地方分権が確立され、地方都市や農村が隅々まで広がって形成された。

韓国では、封建制度による地方への土着がなく、あくまでも宮廷が中心のままで推移した点が日本と異なるところだ。日本のような地方都市の発達はなかったし、したがって国全体の生産力の発展も限られていた。

元の支配だけでなく、気候の違いも影響したかも知れない。リマン海流で冷やされる朝鮮は南部でしか米作ができなかったが、黒潮、親潮に囲まれて温暖な日本には全地域で米作ができた。

19世紀まで鎖国が続いたのも日韓同じだが、開国後の西洋文化の取り入れは、地方まで発達を染み渡らせていた日本が俄然早かった。そのため、侵略する側と侵略される側とに分かれてしまった。

再び、日本との近い関係が始まったが、それは朝鮮にとって悲惨なものとなった。日本では日韓併合と一言で片付けられているが、当然これは長い抵抗の歴史だ。一応「3.1運動」とか「マンセー事件」「伊藤暗殺」の言葉は知っているが、実際のイメージは湧かない。

独立運動は盛り上がったが、日本の強力な弾圧で、国内では、ほとんど窒息させられた。しかし、満州南部の朝鮮民族が多い地域である間島ではパルチザンとして活動した。ゲリラ的に出没して警察や消防署を襲ったことが知られている。1936年には金日成らが、鴨緑江を超えて、普天堡でゲリラ戦を展開した。しかし、これらの活動も次第に困難になり1942年頃には200人程の部隊がソ連領に退避する状況になっていた。

1945年8月9日にソ連が参戦して満州での戦闘が始まると、12日に朝鮮半島東岸にソ連海兵隊が上陸した。朝鮮人の抗日パルチザンもこの時朝鮮に帰還した。15日に日本が降伏すると直ちに朝鮮建国準備委員会が組織され、9月6日には朝鮮人民共和国の樹立が宣言され、日本の総督府も権限を委譲した。幅の広い民族統一政府だったが、名前からもわかるようにかなり左翼的ではあった。

ところが、9月8日に朝鮮に上陸したアメリカ軍は、朝鮮人民共和国政府を認めず38度線より南をアメリカ軍の軍政地区とした。北部分では各地に人民委員会が設立され、1946年2月10日に北朝鮮人民委員会が成立した。南部分では済州島などの一部にしか人民委員会が作られず、朝鮮人民共和国を支持する南朝鮮労働党とアメリカ寄りの朝鮮民主党が対立することになった。アメリカが信託統治領化を打ち出したために大きな反発で暴動やゼネストが起こったが鎮圧された。これが、逆にアメリカによる南朝鮮労働党弾圧を強化することとなった。

アメリカは1948年8月13日に、李承晩に南半分で大韓民国の成立を宣言させた。金九、朴憲永などの南朝鮮労働党は弾圧を逃れて北に移り、金日成などと9月9日に朝鮮民主主義人民共和国を成立させた。南北に分断され、その対立は朝鮮戦争という極限状態にまでなった。朝鮮戦争は北からしかけたものだが、その経過から見れば、「南半分を取り戻す」といった行為ではある。その後北朝鮮では金日成が全権を握るようになって行った。南朝鮮では李承晩の独裁が続いた。

休戦南朝鮮も協定が結ばれ、60年の平和が保たれているが、北朝鮮とはいまだに国交がなく、南朝鮮・韓国も僕にとっては、長く近寄りがたい国だった。李承晩に続く朴正熙、全斗煥の独裁政治も陰惨なものとして写り、文鮮明などの恐ろしい宗教の拠点でもあったので、あまり韓国とも付き合いたくなかったのだ。しかし、時代は変わり、韓国出身の科学者とも知り合ったし、金大中が大統領になったりする民主化もあり、韓流ブームが起こったりで、最近やっと韓国に興味を持ち出した。

今度の韓国旅行で、韓国側から見た歴史を肌で感じて理解したいと思っている。

---韓国旅行をすべて読む---

韓国旅行(2)--ソウル市内を地下鉄で [韓国旅行]

今回の旅行はJTBのLookで申し込んだ。こうしたパッケージを使うことは、今回が初めてだ。JTBのツアーは、面倒見が良いことで知られるが、値段が高いとされている。しかし、このアシアナ航空+マリオットホテルのパッケージは別々に手配するよりも安い。マリオットのプラチナメンバーになってしまっているからこれに拘った結果だ。

アシアナ航空は安手の航空会社だが、ANAよりも座席の足元が広く、快適であり、たった2時間のフライトなのに機内食も出る。機内食もユナイテッドよりマシだと言える。飛行機から降り立って最初に感じたのは寒さだ。日本ではまだ秋なのだが、ソウルの朝は8度まで下がる冬の気温だ。

成田と同じく仁川に着いてからソウルまで50kmほどもあるので、鉄道を使うのが普通だと思うが、JTBではガイドつきの送迎車を用意してくれている。他に乗客は無く、観光予定などを日本語でいろいろ訊ねることができる。レンタカー事情を聞いてみたが、「そんなお客さんは初めてだ」と言っていた。JTBツアーでは誰もレンタカーを使わないと見える。

往復とも夕刻出発の便だから一日目はホテルまで行くだけだ。JWマリオットは江南地区にあり、郊外に出かけるには便利だが、ソウル市内の観光には少し遠い。ソウルはもともと漢江の北にある都市だったが、それが広がり、河の南側に発展した。だから名所旧跡はすべて江北地区で、江南はニュービジネス地区である。しかし、ソウルは地下鉄が縦横に走っており、運賃も安く、だいたい日本の100円でどこでもいけるからありがたい。

翌日は市内観光の予定だ。地下鉄で廻ることにした。地下鉄の駅はハングル・英語・漢字の3とおりで書いてあり、路線ごとに番号がついているからわかりやすい。地下鉄の乗り方は、回数券カードを使うのが普通だが、一回の切符も買える。空港とホテルの往復はツアーだから、地下鉄には回数券カードを買うほども乗らない。自動販売機は日本語も選べるので買いやすい。1650ウオンを入れるとカードが出てきて、改札機のセンサー位置にこれをかざす。出るときも同じだ。使った後は払い戻し機に入れると500ウオン硬貨が返ってくる。保証金をとっているのだ。

市内観光は型どうり景福宮(キョンボックン)から行ってみた。李圭成以来の朝鮮王朝の本拠地で、日本の朝鮮総督府があったところだ。広大な敷地が綺麗に整備され。衛兵の交代儀式などが常時行われている。派手な服装の衛兵は実戦向きではないことが読み取れる。幾つかの山門があって、広場をを持った回廊と本殿がある日本のお寺と同じ構造だと見て良い。京都御所なども同じ様式だ。文禄の役などで何度も破壊されているし、修復が多いのであまり古さは感じない。

ソウルにはこの他にも昌徳宮(チャンドックン)、徳寿宮(トクスグン)など大きな大宮があるが、まあ、似たようなものだ。日本に破壊されたものも多く、修復には執念が感じられる。これらにも行ってみたものの月曜は休館日で中には入れなかった。

しからばということで、市場見学に切り替えた。徳寿宮から東にある南大門市場は、雑貨や食料品、洋服など小さな店が入り乱れ、なかなか面白い賑わいがある。海苔とかキムチのお土産もここなら安い。洋服のデザインが「しまむら」風で、歩いている人も「おばさん」が多い。これはなかなかすごいことで、日本におばさんが集まるファッション街など探せない。

南大門市場を通り越してさらに東に行くと 明洞(ミョンドン)市場になる。ここは若者の町で、おばさんはあまり歩いていない。ファションも殆ど東京のようなものだ。活気があり、おいしいレストランなどもここにあるのだが、連れ合いが下痢気味ということで、焼肉などはあきらめることになった。

プレミアメンバーにはホテルで軽食が出るので、この日の夕食ははそれですました。

---韓国旅行をすべて読む---

韓国旅行(3)--レンタカーで難儀 [韓国旅行]

韓国旅行の3日目はレンタカーで郊外に出かけることにしていた。事前にいろいろとネットで調べて見たが、レンタカーを使った旅行記が見当たらない。空港ではなく、江南地区にあるレンタカー会社も見つからない。JTBのガイドさんに聞いてもわからない。結局、ホテルのコンシェルジュに頼んだ。運転手付きのレンタカー(ハイヤー)ではなく、こちらで運転するのだと言ったら戸惑っていた。どうもソウルでレンタカーする人は極端に少ないらしい。なんとか見つけてくれて、朝10時にホテルに届けてもらうことになった。

ここで、一つの問題が起こった。国際免許は持ってきたのだが日本の免許証を忘れて来た。本当は、外国人の運転には両方の免許証とパスポートの3点セットがいる。電話で交渉してなんとかこらえてもらえたから、融通は利くみたいだ。値段は日本と同じくらいだから、物価と比べてやや高い目かもしれない。ホテルを通じての手配だから仕方が無い。

受け取った車は、白い普通サイズの乗用車だったが、燃料がLPガスだと言う。レンタカーは燃料代込みなのだが残り4分の1しかない。言葉ができないのにLPガスの補給は難しいから、事前に満タンにするのに付き合ってもらった。実際には4分の1でも十分だったのだが、保険料みたいなことになった。高速道路のサービスエリアにあるガソリンスタンドは必ずLPガスも扱っていることがあとでわかった。日本ではLPガス車はタクシーに限られているのだが、韓国ではかなり普及しているみたいだ。

頼みの綱はカーナビだが、こちらはハングルが読めないのだから、そこは用心深くあらかじめ英語版をたのんでおいた。実際の車には、ハングル版のものがもともと付いている上に、もう一つ英語版のものがつけてあった。ハングル版も試みはしたが、操作は不可能だとすぐわかったから英語版に頼ることにした。こちらは問題なく操作できる。「ナヌムの家」の電話番号を入れたら案内を開始した。これでよかろうということで、レンタカー会社の人と別れていよいよ出発である。

ソウルの街中は渋滞が激しいのだが、道自体は広いので低速で進んで行く程度のものだ。おそるおそる運転するには丁度良いくらいだ。変にいじってしまったおかげで、2つのカーナビがいろいろとしゃべるので、車中がやかましい。なんとかハングル版を黙らせることができたが、英語版の視野が狭い。50mスケールで近くしか表示しないのだ。スクリーンタッチなのだが、押しても反応しない。どうも右端がハード的に不感になっているようだ。これは困った。近くはわかっても全体位置が全くわからない。

そこで、地図を引っ張り出したのだが、日本から持ってきた地図は漢字で書かれている。地下鉄駅などは漢字でも書いてあったのだが、道路標識はハングル+アルファベットに統一されており、漢字はいっさい使われていない。これでは、道路標識と照合の仕様がないではないか。道端に止まってカーナビや地図をあれこれしているうちに、時間がたち、昼になってしまった。これでは日程をこなせないので、「ナヌムの家」はあきらめて、「水原華城」に行くことにした。

カーナビに「水原華城」の電話番号を入れると、ハングル書きの候補がずらりといっぱい出てきた。「水原華城」は水原市の管理で、どうもこの番号は市役所の代表番号だったらしい。「水原華城」を名前で検索すればよいはずなのだが、スペルが皆目検討がつかない。朝鮮読みを知らなければそのアルファベット表記なんかわかるはずも無い。それではと、次の目的地である成歓の入力を試みた。日清戦争の戦跡である。忠清南道天市成歓で、成歓のスペルがSeonghwanであること位は調べてあったのだが、最初の忠清南道のスペルがわからない。こちらもお手上げになった。

高速道路に、はいれたので、サービスエリアで地図をもらったが、これは完全ハングルである。原理的には道路標示を照合することができるのだが、読めない文字どおしの照合は、なかなか難しい。マルに鍋蓋で始まる町なんて探し方をするしかない。非常につかれる。

それでも方位磁石と走行距離をたよりに、なんとか目的地に到着した。磁石を持ってきたのは正解だった。安城川南岸で「カリョンギル」(ハングル)の住宅表示を見つけて、戦闘詳報にある「キリン洞」に対応することが確かめられた。水田が広く広がる平地だった。

「水原華城」のほうは、あてずっぽうでカーナビをセットして近くまで行けばなんとかなるだろうという作戦で、なんとか行けた。大きな目立つ目標だったからのことだ。夕方ではあり、薄暗くなっていたが、紅葉と美しい城壁の取り合わせが良かった。もうひとつ行こうと思っていた民俗村は時間切れで断念せざるを得なかった。

帰りはホテルの電話番号で、どこを走ったかよくわからないのだが、カーナビの言うとおりに走って帰った。ソウル市内の入りくんだ道を、漢字地図と磁石で乗り切れるはずもないから、帰り道ではナビに本当に救われたことになる。帰着も遅く、韓国料理を食べに出る気力もなく、コンビニで食料を買って部屋で食べた。

なるほど、韓国旅行にレンタカーがポピュラーでない理由が、しみじみ、わかった。

---韓国旅行をすべて読む---

韓国旅行(4) ---- 国立博物館 [韓国旅行]

4日間の旅行の最終日。フライトは夕方なのでホテルをチェックアウトして市内観光することにしたが、多くは行けない。酸素発生器の電池を機内での使用のために残しておかねば成らないからだ。国立中央博物館に行くことにした。これは、なかなかすごい建物で、二つのビルの間に屋根を渡してあるのだが、間が広く屋根が高い。新しく内装も豪華で、昨今の韓国の経済発展を象徴する建物のように思われる。周りの敷地も広大だから駅からかなり歩かねばならない。

一階展示は、時代ごとに区切ってあるが、現代に近いところは省略が多い。独立記念館とか他の博物館がテーマとして扱っているからだろう。中国ほど古くはなく、まあ、日本と大差ない。というよりも、古代は日本と同じようなものだ。高句麗と新羅の争いなんかが、細かく述べられていて、あちらが優勢になったり、こちらが優勢になったりする戦いの歴史が解説されている。日本で有名な任那はどこにも出てこないようだ。任那は何も物証がないことは確かだ。

面白いのはハングルの開発で、ハングルは1444年に世宗王が命じて作らせた文字だ。音韻学的に考えられており、音を表す体系がある。ちょっとエスペラントのような考え方だ。しかし、当時の知識階級には受け入れられず、後代では使用禁止されたこともある。日本の仮名と同じように女性や下層に広まっていった。政府の公認文字としてはむしろ使われなかった時代が長い。実際にハングルが多用されるようになったのは、20世紀に入ってからである。現在では漢字を駆逐するほど圧倒的に使われている。

もう一つ興味深かったのは古朝鮮の地図で、これには日本が東ではなく南に伸びているようになっている。暖流に囲まれている日本は、気候が温暖でどこでも稲作ができたことから、暖かい所というイメージが強かったのではないだろうか?邪馬台国論争で、方角と距離のどちらを優先するかに意見が分かれているが、この地図は距離優先を支持していることになる。

二階展示は芸術品で、いろんなジャンルの作家のものが置いてあるのだが、目を引くのは朝鮮白磁・青磁だ。見事な肌合いが美しい。仏像も多いが少し優美さに欠ける気がする。あまり、見ているわけでもないので断言するわけにはいかないが、日本の物は細い指が女性的なのだが韓国の仏像は手がしっかりしたごつい出来になっているような気がする。

書画や民芸品などもあるのだが、系統的な展示ではないので来歴などがわからず、僕としてはもう一つ感銘を受けるものがなかった。休憩コーナーでこっそりPOCの充電をしてみたが、なかなかフルには貯まらない。早い目に引き上げたのだが、ホテルに帰るまでに放電してしまい、地下街のレストランに飛び込んで食べながら充電させてもらった。日本食店で、きつねうどんなんかを頼んだ。韓国式のきつねうどんは揚げが細切れで、なぜか沢庵がついて出てくる。

ホテルに帰り、僕はロビーで居眠りしながら充電。連れ合いは、地下街のスーパー、百貨店に買い物に行った。3時40分がツアーの集合時間だが参加者は我々だけ、ガイドさんが来て空港まで車でつれて行ってくれる。カウンターで手続きをして、ゲートに送り出すまでが仕事のようだ。JTBのツアーは丁寧ではある。しかし、POCの話を勝手にやってくれて混乱し、直接英語でやったらすぐに話は通じたという一幕もあった。

空港での待ち時間にまた充電したおかげで、電池は長持ちして、予備電池に切り替えずにいたのだが、丁度成田に着いて自分の車にたどり着いたときに無くなった。博物館でさんざ動いたおかげで、初めて腰につけた万歩計が1日1万歩を超えた。無事帰還。
---韓国旅行をすべて読む---

続きを読む


韓国旅行 ブログトップ