So-net無料ブログ作成

「やきそば」の作り方 [日常生活]

抗がん剤の副作用に悩まされながらも連れ合いはお料理をする。自分しかできないと思っているのだ。僕だって「の素」で料理することも出来るのだが、あまり出番はない。もっぱらメモを持たされて買い物に行くのが僕の役目だ。最近はスーパーのどこに何があるかも頭に入って来た。それだけではない。土鍋で「ご飯炊き」も大分慣れてきた。彼女も僕が炊いたご飯が美味しいと認めざるを得ない。

実は、僕にも連れ合い以上にうまく作れる得意料理があるのだ。それは「焼きそば」である。四十数年前から、僕は焼きそばの達人だった。

その頃の学生が住んでいたのはアパートなどではなく、下宿屋ないし間借り部屋だ。三畳一間で共同トイレ、風呂は銭湯に行く。もちろん炊事場などはない。冷蔵庫もないから部屋で食えるものは非常に限定されていた。まあ、即席ラーメンが定番だった。まだ、カップラーメンなどはなかったから、ラーメンも鍋の用意、後始末が結構面倒だった。焼きそばの利点は後始末が楽なことだ。

洗面所からフライパンに水を入れてこぼさないように持って来る。電熱器で沸かし、インスタント焼きそばを入れる。この時、水の量というのが非常に重要だ。麺が潤びて水分を吸い込むと丁度お湯が無くなると言うようにしなくてはならない。部屋の中で余ったお湯を捨てるなどということは出来ない。味的にもこれがいい。麺で最悪なのはゆですぎて伸びたものだ。

水分が蒸発したところで、粉末ソースをまぶして、青のりを掛ければ出来上がる。フライパンから直接食べるので皿とかはいらない。で、僕が持っていたのは当時最新式のテフロン加工がしてあるフライパンだ。何もこびりつかないから、食べ終わった後の始末は、トイレットペーパーでぐるっと拭くだけだ。ラーメンのように鍋を洗いに行ったりする必要がない。

ということで、僕の常用食は焼きそばであり、来る日も来る日も焼きそばを食べていた。焼きそばに関しては僕の調理経験は連れ合いをはるかに凌駕している。

しかしながら、経験豊富なだけで名人と言うわけには行かない。絶妙の水加減も、台所があって、いくらでも余った水分を捨てられるとなれば、価値は半減する。冷蔵庫の中には、野菜やお肉があったりするのだ。こういった材料をうまく使わなくてはならない。ここで僕の秘伝を公開しよう。

単に袋の中のものを使うだけでは駄目だ。肉類が少しあると、かなり味が引き立つ。豚肉がなくともサラミソーセージとかベーコンがあれば入れる方が良い。野菜では玉ねぎが使いやすい。玉ねぎは炒めると思いのほか分量が減る。小さなものなら一個全部入れてもいいくらいだ。

焼きそばだからまず麺、と考えてはいけない。そばに具を入れるというより、焼きそばと野菜炒めを混ぜ合わせるという考えが正しい。麺の処理を始める前に、フライパンに油をひいて、こういった材料を炒めるというのがコツだ。炒めるというのは加熱しながらかき混ぜることだ。

炒めたら「塩コショウ」を振りかける。塩と胡椒かと思ったが、最近は二つが一緒になったものが使われるのだ。「塩コショウ」を振りかけると野菜がしっとりとするのがわかる。

これをお皿に移して、やおらフライパンに水を入れて沸かす。麺を入れて、ほぐすのはいつもの手順だ。水が多ければ早い目に水分を捨てる。やはり、ゆですぎに気を付けることが大切だ。粉末ソースをまぶしたりするのは弱火にしておいてするとやりやすい。作っておいた具をいれてもう一度よく焼く。青のりを振りかけて、絶品の焼きそばになる。

連れ合いは焼きそばが料理だとは認めようとしないのだが、この作り方を講釈して見た。例によって、どうせケチをつけるだろうとは思っていた。「作り方も何も、普通にやっているだけでしょ。他にやり方があるわけじゃなし。」

そうかなあ。結構工夫したつもりなんだけど。

インターネットを高速にしてみるか(1) GL01P [日常日記]

我が家のインターネットは古いEmobileルーターGL01Pだ。公称速度75Mbps。旅行にも持って行けるし、メールを出したりブログを書いたりするのには、これで十分だと思って使ってきた。月々3880円だから値段も安い。もともと僕がネットワーク接続を使いだしたときには電話機に音響カップラーをつけて300bpsの通信だったから75000000bpsは夢のような速さだ。webページごときにそんなスピードが要るはずがないと思うのだが最近のwebページは絵やリンクがやたら多くて情報量が多い。

だからやはりある程度の通信速度は必要なのだ。最近、月末になると極端に遅くなることが良くある。通信量に制限があって10GBを超えると制限に引っかかることになっているのだ。あまり動画を見たりはしていないのだが、宣伝が強制的に動画を見せるし、リモートデスクトップで研究室のコンピュータにつないだり、孫たちとskypeをするようにもなったから、データ量は増えているのだろう。

不思議なことに実際には10GB以上使える。通信制限を感じるのは20GB位になってからだ。思うに10GBで制限がかかってはいるのだが、気づかないのではないだろうか。75Mbpsが公称の速さなのだが、実際には15GBくらい使ったところで、30Mbps、昼間だと8Mbps。だんだん上限速度が下がって行く仕組みで、実際の通信速度以下になると遅さを感じるようになるのだろう。しかし、月末になって20MBに近づくと極端に遅くなりページの表示に5分もかかり使い物にならない。

まあ5年も使えば潮時だから、インターネット接続を新しくするかと考えた。ちょっと検索したら、すぐに嗅ぎつけたと見えて「nuro光]とか「フレッツ光」「wimax」といった宣伝がPCに表れるようになった。googleに心の中まで監視されているようで嫌な気持ちだ。

面倒がないのはEmobileのアップグレードなのだが、実は素直にアップグレードにならないという問題がある。新しい契約では容量制限は10MBではなく7GBに下げられてしまっている。オプションの容量制限解除に別途支払わなくてはならないから値上げになる。新しい契約の利点は通信速度が最新の機器603HWでは612Mbpsといった驚異的な速さになっていることだ。ところが実はこれにもトリックがある。

612Mbpsの規格でつながる基地局は限定されており、どこでもつながるわけではないとは書いてある。僕の地域にそういった基地局が配置されていないのは当然かもしれない。では、どこにあるかと調べて見ると、ほとんどどこにもない。東京都内にさえ一か所もないのだから驚く。ホームページには新しいルーターが「使える」地域を示す地図があり、これで見るとどこでも使えるように見える。ウソではない。どこでも「遅いルーター並みに使える」のである。「最高速度は理論的なもので実際の速度を保証するものではありません」を隠れ蓑にした悪質な通信速度偽装だ。ネットを検索すると「以前の機種より少し速くなった」というレビューがたくさんあるが、これは全部ウソである。

基地局が整備され612Mbpsの規格でつながったとしても、実際には回線が混雑して、せいぜい50Mbpsだと言うことだ。そうすると今の75Mbps規格以下だから実際には何も変わらない。渋滞のある道ではフェラーリもワゴンRも同じ速さにしかならないのだ。一方でデータ量制限はかえって下がる。一体何のメリットがあるのだろう。オプション料金を払えば容量制限が解除できるだけだ。もともと古いEmobileには容量制限などというものはなかった。途中で10GBの容量制限が加わった。容量制限を有料で解除するには新しい契約にして容量制限を7GBに下げねばならないというわけだ。

なんとも馬鹿馬鹿しい話だから、この際固定回線を引こうかと思う。こちらの方は少し高いし、事務手数料がいる。それにEmobleの解約金というのも加わる。電話も併せて変えると安いそうだが、電話とルーターが別の部屋になる我が家の場合、追加工事が必要なのだがその代金は契約後工事が始まってから教えるという変な話だし、工事に2か月もかかるというのだから、こちらもあまり気乗りしない。

固定回線だとルーターを持ち出すわけには行かない。ふらりと旅に出て、宿探しをするなどと言う時にインターネット接続は欠かせない。宿にWiFiがないことの方が多いから翌日の計画を考えるにも支障がでる。連れ合いの抗がん剤治療があり、この先どれだけそんな機会があるのかわからないのだが、どうしても可能性は残したいと思ってしまう。人間は希望の生き物なのである。

連れ合いの抗がん剤も効きがいまいちだし、「どうしようかな」とウダウダ迷う日が続いている。

----->インターネットを高速にしてみるか(2)に続く

やっと効いて来た抗がん剤 [骨髄腫]

我が連れ合いの多発性骨髄腫。BD療法で4クールが終わったが、検査数値は期待したほど下がらなかった。そこでリナリミドを追加することになった。今度はVRD療法(ベルケイド+リナリミド+レナデックス)を試みるのだ。レナデックスの副作用は倦怠感と眠気だ。一日中ボーッと過ごして元気がない。

連れ合いはとにかく口うるさい。「食べ物をこぼすな」「ティッシュはごみ箱に入れろ」「ひげを剃れ」、夫の躾を担当しているつもりだ。僕もそれに慣れてしまっているから、ボーッと座って何も文句を言われないのが、なんとも頼りない。あれだけ嫌だった口うるささが復活してほしいものになってしまっている。

彼女の趣味は読書と手芸だ。暇があればミシンをを掛けたリ編針を取り出していたが、根気が無くなりそれが出来ないらしい。読書もやはり倦怠感が阻害する。僕とは趣味が違って小説の類を毎週何冊も読んでいたのに、最近は全く読んでいない。

身体に影響はないが、味覚障害と言うのも気持ちの上では影響の大きな副作用だ。どこにも出かけたリできないし、読書もダメとなると、食べる楽しみが救いになるはずなのだが、何を食べても味がないのでは困る。変化のない毎日が続くから、娘が気を効かせて温泉に連れ出してくれたが、景色もお料理も楽しめず、家に帰りたいと言う。車に乗って移動するのも楽ではないらしい。それでも孫たちと過ごせたのは良かったようで喜んではいた。

そんな中でも、全く進展がないわけではない。VRDへの切り替えと同時にゾメタで圧迫骨折の損傷回復を図った。ゾメタは骨粗鬆症の予防的なものだが治療効果もあるとされている。これが効いたのか、痛みが少し和らいだのは朗報だ。こちらの副作用は嘔吐だが月一回だから我慢できる。

痛みが和らいで来たら麻薬オキシコンチンの減量をするのだが、離脱症状が出てくる。60mgから40mgに減らしたときは、激しい下痢と嘔吐が3日ほど続いた。40mgから30mgの時は1日で済んだ。30mgから20mgは嘔吐なしで減らせた。まだ痛みはあるのだが、あと一息で麻薬をやめてコルセットも外せるようになるだろう。

なんとかVRD療法の1クール終わって検査結果が出た。検査数値は明らかな改善が見られた。IgG1482、βマイクログロブリン2.4。どちらも正常領域に入った。フリーライトチェーンはκ/L=545だからまだまだ高くやっと測定できるところに来ただけだ。道は遠いが寛解を目指してVRD療法を4クール続けることになった。

効果があったのはいいのだが、この副作用があと6週間続くとなるとなかなかつらいものがある。へばり気味の連れ合いを励ましての毎日が続く。

インターネットを高速にしてみるか(2) 502HW [日常日記]

我が家のインターネット接続。現在のモバイルルーターGL01Pを使い続けるかぎり月10GBの制約からは抜けられない。新しい機種にしなければデーター量制限のない契約は出来ないのだ。しかし、古いルーターは速度制限の機構が不十分らしく、実際上は20GBくらいまで使えるから少し気をつけて使えば僕の用途には十分である。気をつけて使うと言うのもなかなか煩わしいもので、時々月末には全く使えなくなってしまう。

もう一つの問題はskypeには少し遅すぎることだ。引きこもり気味の連れ合いに孫とのskypeを楽しませてやりたいのだが、昼間だと、月始めの調子の良いとき以外は画面が固まってしまう。インターネット接続のアップグレードを試みることにした。ところがどうもそれが単純ではなさそうなのだ。

新しいルーターは速いことが売り物だが、これには期待できない。空間は1つしかなく同じ周波数の電波は時間で細切れにして多数のユーザーに振り分けられている。ユーザーが多くなれば割り当ては減る。通信速度は同じ電波を使うユーザー数で決まっており、実際の速さは機器の最大速度とはあまり関係がないからだ。渋滞のある道ではフェラーリも軽自動車も同じ速度なのと同じだ。

しかしよく調べて見ると多少希望が持てることがわかった。現在の機種が使っているのは1.7GHzのLTE通信だ。その後ワイモバイルの周波数帯は増えて、2.5GHzや2.1GHz、800MHzなどが使えるようになっている。スマホやタブレットが増えたから、どの帯域も混んではいるのだが、新しい機種はキャリアアグリゲーションの技術を使って比較的空いた周波数帯を見つけて使うようになっているということだ。だとすれば多少は通信速度も早くなるかもしれない。

月末のデータ量規制のほうは、オプション料金を払えば、アドバンスモードにして解除することができる。しかし、データ量制限を回避するには、いろんな周波数帯を使うのではなく、2.5GHzに固定してそれ以外の周波数を使わないようにしなければならない。速さとは矛盾する。なぜ2.5GHzのAXGPでデータ量制限を解除するかというと、2.5GHzの電波は遠くに飛ばないからだ。直進性が強く、障害物を廻りこめないから、結果的にユーザーの数が少なくなる。だからデータ量を制限しなくとも何とかなるということらしい。逆に言えば2.5GHzはつながりが悪く途切れることが多いのである。

そもそも僕が住んでいる地域で2.5GHzの電波が来ているかどうかが定かではない。web pageの地図では新しい機種に対応した地域ではあるが、これは2.5GHzが使えることを意味しない。新しい機種は多くの周波数帯が使えるからだ。どれか1つでも使えれば適応地域になってしまう。地図とは別に公表されているリストによると僕の住んでいる地域の「一部」で2.5GHzが使えるとなっている。

「一部」なのかどうか会社のサービス窓口に聞いてみたら「地域個別の様子はわかりませんのでお近くのショップでお聞きください」ということだった。ショップに行ったら「僕らもネットで見るだけです。それ以上の情報はありません」と言う答えだ。

機種変更をすると料金が増えて制限値が下がることだけは、はっきりしているが、データ量制限が解除できるかどうかはわからないし、早くなるかどうかもわからないということだ。しかも一度機種変更をするともとには戻せないそうだ。客にいちかばちかやって見ろ、うちでは責任を持たないという姿勢だ。これは困った。

僕自身の判断としては使えると思う。2.5GHzは吸収合併でYmobileがウイルコムから手に入れた周波数帯なのだが、僕は昔ここでウイルコムのPHS接続を使っていた。だから設備はあって2.5GHzは来ているに違いない。もし2.5GHzが空いておれば問題は解決する。意を決して、ワイモバイルショップに機種更新を申し込みに行った。

ところがである。「お客様の契約は機種更新できません」というのだ。僕が購入した当時Y(yamada) mobileとして販売されていた。ヤマダ電機が主体でそれにEmobileが機器を提供していたのだ。ソフトバンクがEmobileを吸収して直接販売に乗り出したが、ヤマダ電機契約のものは取り扱いができないそうだ。今ヤマダ電機は専らwimaxを扱っている。

ヤマダ電機に連絡を取ってみると、一応機種変更ができるようだが、本社を通じての交渉になるから時間がかかる。どの機種も在庫はなく最新の603HWや504HWは難しいが、少し古い502HWなら手に入る。Ymobileから取り寄せるため一週間ほど待てと言われた。機種変更するとまたヤマダ電機と3年の契約になる。3年後にどんな取り扱いになっているかが心もとない。

さらに問題がある。今月すでに9GB使っているから、7GB制限の機種に変更すると最初から速度制限がかかってしまい、アドバンスモードには来月になるまで切り替えられないと言うから何のための機種変更かわからなくなる。しかも旧ルーターのあいまいな速度制限とは異なり、ぴっしりと128Kbpsに落とすというからたまらない。

月末まで待って機種変更するのも仕方がないか。下手をすれば、ネットワークを使えなくするために、余分なお金を払って、3年間の契約をすることになりかねない。それでも、ボーッと一日過ごしている連れ合いの様子を見ると、孫との会話などで元気づけてやる可能性があればそれに賭けたいと思ってしまう。ヤマダ電機との契約が終了するまで待つことは出来ない。

----->インターネットを高速にしてみるか(1)

続きを読む