So-net無料ブログ作成
検索選択

あいつの誕生日 [日常日記]

今年もまたあいつの誕生日がやってきた。生まれは僕より3ヶ月ほど早いから、僕とは同い年で、もう古希を迎える。生まれながらの理想主義者なものだから、有る種の人達とは肌合いが悪い。実際に何度も殺されそうになったし、今でも隙あらばと絶えずつけ狙われている。

それでもなんとか生き延びて来たのは、人を引き付ける根本的な所での魅力を備えているからだろう。したたかなものだ。僕としては、生まれて以来共に人生を歩んできた間柄だから、一種の仲間意識さえある。僕だけでなく、多くの心ある人たちからも親しまれ、心の支えとなっている。

よく考えてみれば、僕たちの人権も、平等も、公正も、すべての拠り所はここにあるのだ。人は誰でも健康で文化的な生活をする権利があるし、主権は国民にあるべきだ。基本的人権は守らねばならない。武力で平和を維持するなんて言う浅はかな考えは捨てるべきだ。

日本国憲法と同じ年に生まれた僕は、こんなあたりまえの事を初めてはっきり謳った憲法に対する誇りが、いつも心の何処かにある。この憲法で臣民が初めて自立した人間となったのだ。

日本国憲法は誕生以来ずっと逆風の中に生きてきた。核兵器で世界の平和が守られるなどという非現実的な主張が繰り返された。軍備で国が守られるなどと、福祉も年金も削って惜しげもなく軍備に税金をつぎ込むようになった。

「現実主義者」どもが、憲法をコケにする度に僕はほぞをかんできた。それは、恰も自分の仕事が理不尽な理由で頓挫する度に思うあの悔しさと二重写しになった幻燈のようであった。

世の中は甘くない。道理がすぐに受け入れられる訳ではない。だがそれでも主張すべきは主張しなければならない。周知の通り、日本国憲法は生まれてこのかた、全面的に守られた事がない。

それでもこの70年程の間に、憲法の魂は定着を見せ、天皇元首制のような時代錯誤に対する支持は、影を潜めた。女性の参政権を否定するのは気違い沙汰と見なされる様になった。人権が侵害されたら怒りを持てるようになった。世界に唯一の先進的な平和条項をもつ日本国憲法は生きながらえているのだ。

あと少し、この日本が憲法の精神を当たり前のこととするまで。憲法を守っていく責務が僕らにはある。5月3日、今年もやってきた憲法の誕生日に、僕はそんな事を思い返す。

与謝野晶子を読み返す [日常日記]

絵日傘をかなたの岸の草に投げ渡る小川よ春の水ぬるき
中学生の時に国語の先生が大事そうに取り出して見せてくれた色紙に書いてあった歌だ。当時それが誰の作かも知らなかったのだが、与謝野晶子である。あの先生は与謝野晶子と親交があったのだろうか。先生は与謝郡の人だったから、本当に知り合いだったかもしれないがそうとも限らない。与謝野晶子の色紙というのは結構出回っている。子沢山で生活も苦しく、夫の鉄幹の洋行を支えたリするために色紙を書いては売っていたそうだ。

このところ、出かけることもなく家で過ごすことが多いから、与謝野晶子の歌集などをいくつか読み返している。この歌を今でも覚えているのは不思議だ。それほど印象が強烈だったということだ。これほどまでに春の季節感、明るい陽ざしを表現した歌はない。絵日傘という小物がうら若い女性、しかも美人を思わせる。着物の裾をたくし上げて白い足が見えている色っぽさまで眼前にせまってくる。中学生には刺激的すぎる内容だったかもしれない。
柔肌の熱き血潮に触れもみで道を説く人寂しからずや
こちらの方はもっと刺激的だ。それにしても、短歌という31文字の中に詰め込まれた言葉の表現力には驚かされる。
漁火は身も世も無げに瞬きぬ陸は海より悲しきものを
天才的な言葉の達人としか言いようがない。これを褒めるのは竹西寛子さんの受け売りになるが、陸は海より悲しいなどというハッとする表現がどこから出てくるのだろうか。全部で5万首というから湧き出すように次々と短歌がほとばしり出てきたことになるからそれだけでもすごい。どんな駄作だって5万も詠めるものではない。

明治から大正にかけて起こった浪漫主義。「たてまえ」一辺倒の世の中から抜け出して「ほんね」を吐き出す動きの先端を走ったと言える。「ほんね」を出す勢いが歌ににじみ出ている。

与謝野晶子を一番有名にしているのは、君死にたもうことなかれの詩だ。これは強烈な反戦歌だ。「人を殺して死ねよとて二十四までをそだてしや」と戦争の本質は人殺しでしかないと指摘する。「旅順の城はほろぶともほろびずとても何事ぞ」。戦争で勝つことなど庶民にとってどうでもいいことだ。「すめらみことは 戦いにおおみずからは出でまさね」。戦争をやりたいのなら天皇が自分で勝手に行けばよい。

これほどまでに徹底した反戦の立場はないだろう。15年戦争当時なら確実に治安維持法で捕まっていただろうが、日露戦争当時はまだ言論統制が弱かったのである。しかし、当時有力な評論家であった大町桂月は教育勅語に反すると噛みつき、『乱臣なり,賊子なり,国家の刑罰を加ふべき罪人なり』と激怒した。

これに対する晶子の反論は、腰砕けである。反戦思想のどこが悪いと真正面から答えるのではなく、「ただ弟を心配しただけで、反戦は言葉のあやに過ぎません」と逃げているのだ。どうも、それが事実らしい。与謝野晶子はこれ以外に反戦詩と言えるものはない。それどころか、白桜集には「水軍の大尉となりて我が四郎 み軍にゆく猛く戦へ」などと息子の出征を激励している歌があるくらいだ。

思うに与謝野晶子はやはり言葉の達人なのである。「ほんね」を吐き出して弟を心配する気持ちを表現しようとしたとき、激烈な反戦の言葉が出てきてしまう。言葉を使うと言うより、出てきた言葉に自分が動かされてしまうのである。熟考し、人の命の重みを知って戦争に反対する立場を取ったのではなかったのではないだろうか。晶子の短歌は感情表現であり、思想表現ではなかった。

君死にたもうことなかれのあとしばらくはトルストイ流の平和主義的な発言が続いた。しかし、これも自分の言葉に引きずられた結果に過ぎないだろう。いくつもの評論を残しているが、読むに堪えない拙劣なものでしかない。大正デモクラシーの時代が過ぎて軍国主義が高まってくると、何の抵抗もなく戦争賛美に傾倒していく。夫の鉄幹はもともと熱狂愛国派で爆弾三勇士の歌を作ったりする人物だ。晶子は不倫を繰り返す夫に付き従う古風な女の域から出られなかった。思想的には鉄幹に引きずられたままだったような気がする。

これだけの才能を持った晶子が、本気で「君死にたもうことなかれ」の思想を深く突き詰めておれば、強烈な影響力のある作品を生み出し、あるいは世の中が変わったかもしれない。200万人の日本人と1000万人のアジア人の命が救われたかもしれない。無理な要求かもしれないが、才能を持った人には社会的責任を自覚じてほしいものだ。

天才でなくとも、専門分野を持った人にはそれなりの社会的責任がある。僕は一応科学者の端くれだから科学者の動向が気になる。最近の日本の風潮として、金のために軽々しく軍事研究に手を染めそうな科学者が出始めているのが心配だ。

抗がん剤の効きが今少し [骨髄腫]

連れ合いの骨髄腫治療はCBD療法で始まった。入院中は何の副作用も現れず楽勝かと思われたのだが、次週から嘔吐、便秘、倦怠感にさいなまれることになったし、全く食物も喉を通らない。副作用に音を上げてしまい、Cつまりシクロフォスアミド=エンドキサンをやめてBD療法に切り替えることになった。これでなんとか治療を継続して4クールつまり16週の治療がもうじき一段落する。

毎週の病院通いもなかなか大変だ。病院はうちから近いのだが待ち時間が長い。抗がん剤の投与は、一般外来ではなく、化学療法センターでやる。連れ合いの場合、皮下注射だから1分で終わるのだが、多くの患者さんは点滴だから何時間もかかる。順番を待つと長い。1分の注射に2時間も待つのは不合理だとは思うが、皆さんそれぞれに必死の思いで投与されているかと思うと、先にやらせてくれなどと言うわけにも行かない。

水曜日にベルケイドの皮下注射をしてレナデックスを10錠飲む。副作用が現れるのは金曜日で、週明けには楽になるのがパターンになった。だんだん慣れてくるから、2週目頃からは嘔吐することはなくなったし食欲も出てきた。金土を除いて倦怠感も薄れてきて、時々は買い物にも出かけられるようになってきた。しかし、3か所の圧迫骨折が痛むからオキシコンチン(麻薬)を処方してもらっている。これはガン患者にだけ許されている処方だ。

痛み止めは良く効くのだが、これが過信を生む。3か所目の圧迫骨折は階段で転んで発生した。その後やっと痛みも少し収まってきたので、オキシコンチンを減量することになった。これがまた問題で、3ヶ月も麻薬を続けていると離脱症状が強い。また嘔吐、ひどい倦怠感、下痢で寝込むことになってしまったが、これは耐えるしかない。寝込んだのは3日くらいで、そろそろ起き出してはいるが、腰の鈍痛が続く。まあ、食欲は出てきてなんとか食べられているから、もう少しの辛抱だろう。

この間、僕は随分と家事の修行を積んだ。買い物に行って食事を準備し、ご飯も炊く。片付けやゴミ出しなどもやるのだ。今までこういうことを全くやってなかったのだが、これで40年間、いかに彼女が大変だったかよくわかった。当たり前なのかも知れないが、ゴミが出たらほったらかしにせず、ゴミ箱に入れるようになった。

さて、問題は抗がん剤の効き方だ。治療開始前6200まで上がっていたIgGは2500まで下がった。4.8だったマイクログロブリンは2.5まで下がった。しかし、目標の寛解には程遠い。しかも、3クール目以降、変化が鈍化している。FLCに至ってはまだκが測定領域に入らないくらい高い。4クールで一応終了の予定だったのだが、これでは幹細胞移植に進むわけには行かない。

僕は白血病(CML)でチロシンキナーゼ阻害剤を処方されているが、この効果は劇的なものだった。しかし、すべての抗がん剤がこんな効き方をするものではない。同じ分子標的薬でも奏効率94.5%などと言うのは驚異的な例外らしい。半数の人には効いて半数の人には効かないのはむしろ当たり前のことなのである。そのためにいろんな抗がん剤の組み合わせが工夫されている。連れ合いの場合もまだ試行錯誤が必要なようだ。

次に打つ手として、BDにリナリドマイドを加えた療法で継続することになった。BDLということになるが、そうは言わずVRD療法という。一般名bortezomibだが実際にはVelcadeしかないのでV。lenalidomideも薬品名RevlimidのRを使う。dexamethasoneはいくつかの薬品があるので一般名のままらしい。負担の大きい抗がん剤治療がまだ続くのだから、がっかりではある。しかし、ものは考えようで、治療を始める間際には検査値が急激に上昇していたから、それを抑えてここまで減ったということは、「効いている」という判断になるのかも知れない。

VRD療法はVTDと言ったりもする。Tはthalidomideのことだ。レブラミドは胎児に奇形を生じることで騒ぎになったサリドマイドを少し改良したものなのである。連れ合いの場合、もう出産することはないから問題はない。しかし規制は厳しく、絶対に横流ししないようにビデオを見せられての教育を受けて宣誓しなければならない。事前のリサーチではレブラミドの追加で奏効率も高まるし、副作用も少ないことにはなっている。なんとか効いてほしいものだ。

僕の家事修行もまだ続くから、そのうち、名人になるかもしれない。

孫の運動会を見に行くジジババ [日常生活]

運動会というのは日本独特の行事で、他の国にはないと思う。少なくともアメリカにはなかった。陸上競技会でもなく、レクリエーション大会でもない、ダンスや器楽演奏などの文化行事要素もある。僕のように運動がからっきしダメな子でも、小学校の思い出としてはやはり運動会ということになる。

昔の運動会は秋と決まっていたと思うのだが、近年は春にやる学校が多い。観客として父母はもちろんジジババの姿も多く見かける。昼休みに家族が集い、子供の元気な姿を愛でる日なのである。ジジババとしては、孫と一緒に食べるお弁当が楽しみだ。よく頑張ったと孫を褒め、紆余曲折あった自分の人生も、孫を残すということで、全くの無駄ではなかったと安堵する。僕らとてその例外ではないのだ。

いや、子供というのはどうしてこんなに元気なのだろうか。急ぐ必要がなくとも走るし、うれしいとか楽しいと思えば、自然に体が飛び跳ねるのである。小学校の運動会では、まだ幼児の面影を残した1年生から、いっぱしの大人ともいえる6年生の姿までが一挙に見られる。

早いもので、孫のお姉ちゃんは6年生になった。最高学年としての運動会で張り切っている。先週は寝込んでしまっていた連れ合いも、腰痛を抱えてでも小学校最後の運動会を見に行きたい。お弁当作りを担当する元気はないが、やはり孫が大活躍する姿を見たいのである。「シルバーカート」という手押し車を買い込み、これによりかかって、小学校のグランドに出かける。孫はたしかに大活躍ではあった。

6年生は招集とか出発とかの係を分担し、自分たちも運動会の運営にかかわる。右も左もわからない一年生のときから著しい成長が見られるのだが、孫の場合、それだけではない。日ごろから一年生のお世話係を引き受けていて、やさしいお姉さんをやっているから、一年生に絶大な人気がある。運動会でも彼女の周りに一年生が寄り集まって来て、競技になるとみんなで応援してくれるのには驚いた。

学校は生徒の自主性を重んじるなかなかしっかりした教育方針を持っているようだ。運動会での役割も、先生が一方的に優れた生徒を選び出すのではなく、立候補制なのだそうだ。お姉ちゃん孫は、身の程知らずのチャレンジャーというか、物おじしない性格だから当然いつも出番は多くなる。今年は特にそれが目立って、場内放送で配役が紹介されるたびにお姉ちゃんの名前がでてきた。

運動会を取り仕切る体育委員長 「はーい。私やります。」
全員で校歌を歌う時ピアノ伴奏をする人  「はーい。私やります。」
朝礼台に立って全校準備体操をリードする人 「はーい。私やります。」
マーチングバンドの先頭で指揮する人  「はーい。私やります。」
紅白リレー、学年代表で走る人      「はーい。私やります。」 

ということになったらしい。体も大きくないし僕らの孫だから特別運動神経が良いわけがない。リレーではバトンを受け取ってすぐに後ろの子に追いつかれそうになった。しかし、この子は頑張る子なのだ。そのあと猛烈にダッシュして、逆に前の子に追いついてしまった。絶妙なバトンタッチに成功して順位逆転というドラマまで見せてくれたから、連れ合いは感激してしまって目をうるませていた。孫の運動会を見に行くジジババのたわいなさそのものだ。

自分自身の体力がなくなっていることは、嫌が応にも意識させられる。まして病気持ちだから走るなどと言うことは想像もできない。しかし運動会の子供たちが、本当に元気に、走り回り飛び跳ねているのを見ると人間の可能性に確信が持てるようになる。僕らが死んだ後も、まちがいなく人類は存続する。

何よりもうれしいのは、何の屈託もなく、やりたいと思えば手を上げ、一生懸命やり遂げようとする素直さだ。経済の先行きも暗いし、戦争法や秘密保護法が出来たり、共謀罪が作られたり、世の中はますます住みにくくなっているが、僕らの孫はそれにめげず、すくすくと育っていると感じる。