So-net無料ブログ作成
検索選択

ルージュの伝言 [若かった頃]

「ルージュの伝言」は荒井由実による1975年の作品だから相当古い歌だ。1989年に全く映画の内容とは関係ないのに、宮崎駿の趣味で「魔女の宅急便」に現れた。そのために、いまや誰でも知っている有名な歌になっている。この曲を初めて聞いた時の事を思い出す。特別に好きな歌というわけでもないのだが、思い出がある。

誰でも若いころは音楽に魅かれる。僕も大学に入ったころから音楽を聴くことが多くなった。当時の音楽はフォークソングだ。それまでの歌謡曲・民謡とは明らかに違う。世界を視野に入れ、その変革も目指している。If I had a hammer とか、We shall overcome が僕の気分にぴったり合った。だれもがギターを弾いてフォークソングを口にする時代だったのだ。

その後、フォークソングには日本的な歪曲が加わって行く。1970年以降の歌は、かつてのおおらかさを失い。自分の内面に閉じこもって行く(例えば井上陽水「傘がない」)とか、個人的な日常(例えば、遠藤賢治「カレーライス」)に終始するようになっていた。いわゆる4畳半フォークの時代だ「神田川」みたいな歌ばかりになった。

僕は、単純な学問的情熱だけで大学に入った。就職だとか将来の生活だとかは、これっぽっちも考えていない未熟者だったのである。当時の理学系の学生は大体そんなものだ。しかし、学問というのは夢見ていたほど甘くない。たちまち壁に突き当たってしまった。一方で、社会に目を向ければ変革の情熱を燃やすことも出来る時代だった。We shall overcome も、道いっぱいに広がって御堂筋を占拠して歌うものだった。ところが学生運動も、全共闘以来、内ゲバ暴力の時代になり、おおらかさを失ってしまった。

周りは壁だらけ、どう生きたら良いかを模索する日々になってしまった。せまい考えの中で堂々巡りをしていた。そういう人が多かったのかもしれない。歌は時代の反映である。

そんな時、岡林信康の「申し訳ないが気分がいい」に出会った。涼しい風が吹けば気持ちがいい。美しいものを見れば気分がいい。こういった当たり前のことを見落としていたという内容のものだ。僕らの時代の人以外に、気分がいいことに対して、申訳ないという感覚が理解できるだろうか。僕がとらわれていた屁理屈を超えた世界があることに気づいた。

岡林が糸口だったのだが、それに続いて決定的な追い打ちをかけたのが「ルージュの伝言」なのである。今までに聞いたことのないような、音の飛びを持った曲で、テンポも速い。歌の内容が、想像もつかないような別世界と感じられた。その頃、風呂場はあっても、壁が大きな鏡になっているバスルームといったものはなかった。むしろ庶民は銭湯に行くのが普通だった。バスルームの鏡に口紅で伝言を書くなどというのは仰天のほかない。

世の中には別の考えで、別の生活をしている人々がいる。「あの人のママ」とは義母、姑のことだ。なんという表現だろう。結婚もしている年齢なのにまったく、屈託がない。亭主が女の子に優しくしたことに焼餅をやいている。それをあの人のママに言いつけて叱ってもらうことが解決の道だと歌う。あり得ないのだが、自信を持ったリズムでゆるぎなくせまってくる。脱帽である。

人にはいろんな生き方がある。全ての人がアインシュタインやエンリコ・フェルミを目指さなくてもいいのだ。僕の世界は、あまりにも狭いということに気づかされた。それが「ルージュの伝言」なのである。それまで考えたこともなかった生活とか恋愛、結婚といった人並みのことにも目が向くようになった。連れ合いと出会ったのは、その頃なのだが、ま、この話はやめておこう。歌の受け止め方は人さまざま、ただこの歌を「この先を考えるとおそろしい、不倫発覚の歌」などという誤った受け取りだけはやめてほしい。

抗がん剤にねを上げた [骨髄腫]

連れ合いの抗がん剤治療。致命的に大きな副作用は出ていないのだが、嘔吐と倦怠感が続いている。水曜日に投薬して、金土日が厳しい。4週やって1クールが終わり、2クール目まで一週間の休みがあるかと思っていたら、休みなしだと聞かされた。金土日以外もなかなかすっきりしない。これがあと3クール続くとなると気が滅入ってくる。これに圧迫骨折の痛みが重なっている。

4週間に1回の休みを実は心待ちにしていた。温泉にでも出かけてゆっくりするのもいい。美味しいものを食べるのもいい。ところが連続投与ということになると、これらは全て取りやめだ。嘔吐と倦怠感では、それどころではない。休みなしのあと3クールだから6月まで苦しさは続く。苦しさに音をあげて、主治医に相談したら、エンドキサンをやめてみることになった。一時的にBD療法への変更である。

白血球が減少することもなく、数値的には副作用なしで、IgGもβマイクログロブリンも確かに減っていて効果は見えているのだから主治医は残念そうな様子だ。しかし、QOLの低下は見ていても痛々しい。せめて圧迫骨折の痛みから解放されるまでは、抗がん剤投与は手加減する必要があると思う。

生活面での困難については、「家事代行サービス」と言うのを試してみた。申し込んでみると、スケジュールの調整がつかないと言うことで、すぐには来てくれない。お試しだからということで、割と元気であまり必要性がない日ではあったが、短時間来てもらうことにした。朝のゴミ出しを頼んだのだが、8時には来てくれず8時半である。ルール違反ではあるが実質的にはゴミ収集車が来る時間は8時半でもなんとか間に合う。個別収集ということもあると教えてもらったので、いよいよとなれば市にお願いしようと思う。

短時間のサービスは効率が悪いことがわかった。来るとまず契約内容・免責事項の確認とかで説明に時間がとられ、契約書へのサインとか事務手続きが結構かかる。石油ストーブへの給油はやったことがないそうで、缶を溢れさせて床が石油だらけになり、この後始末に多くの時間を費やすことになった。こういった時間がサービス時間に含まれることは契約書に書いてある。契約時間の10分前には作業を切り上げると言うからさらに時間は短くなる。

やって来たのは若いお兄さんで、物腰は丁寧だが、調理を頼んだりできる人ではなさそうだ。しかし、慣れれば石油入れとか、ゴミ捨て、床掃除はやってもらえそうだ。これくらいの事は体調が良ければ造作もないことではある。僕の足が痛むかどうかはなかなか予測がつかない。一週間前に予約しなければいけないということは困りものだ。定常的にサービスが必要となれば、多分介護保険のケアマネージャーに相談することになるだろう。

ゼロの焦点ーーアラ探ししているわけではないのだが [日常日記]

抗がん剤の投与が始まって身動きならない連れ合いにつきあって家で過ごすことが多い。つれづれに、DVDを借りてきて映画「ゼロの焦点」を見た。僕は元来推理劇と相性が悪い。ファンタジーなら荒唐無稽でもよい。だが推理物はなまじ論理的なストーリー展開を売りにするものだから、ついアラが見えてしまう。

新婚の夫が金沢に行ったまま行方不明になる。金沢支社に勤めていたのだが、本社に戻り見合い結婚した。金沢へは後始末に行ったのだ。夫を探しに金沢に行くが手掛かりがつかめない。金沢の下宿先は一年前に引き払っていた。手助けに来た義兄が殺され、一緒に探してくれた夫の同僚も殺されて謎が深まる。

実は夫は、立川で警察官をしていたことがあり、その時にアメリカ兵相手の二人の売春婦と知り合った。金沢赴任でこの二人と再会したのだ。一人は地元名士の社長夫人になっていた。もう一人は田舎で海女をしていた。結婚前の一年、夫は海女と同棲していた。社長夫人が自分の過去を知っている夫を殺したのだ。義兄や同僚は、夫を探しているうちに社長夫人の秘密を知ってしまったから、やはり殺された。

社長夫人は弟を一緒に住まわせていた。嫁入りに弟を連れてくるという変な設定だ。どうやら二人は戦災孤児らしい、だとすると大学まで出た才色兼備のキャラクターと矛盾する。原作にはなく、盛り上げのために勝手に入れ込んだ人物だとわかった。社長が妻をかばうために自分が犯人だと名乗り出て、警官の銃で自殺するのが終局だが、これもおかしい。赤いコートの女が捜査線上に上がっているのだから、こんなことで庇えるはずがない。これも原作にはない演出だった。

シーンを盛り上げるために、なりふり構わず場面を作ってしまう。少しは考えればいいものを。ちなみにこの映画は1961年に一度作られ、見たのは2009年二回目に作られたものだ。驚いたことに、原作から起こさず、1回目の映画をもとに、さらなる脚色で映画を作っている。だから辻褄の合わないところも引き継いでしまっている。なんといういい加減な脚本だろう。

では原作が万全かというと、そうではない。義兄や同僚の死が謎になるのは、彼らが何も情報を残さなかったからだ。普通、何か発見したら周りにしゃべる。だから、社長夫人が二人を殺して秘密を守ろうとする動機はおかしい。殺したってばれるに決まっている。そもそも、本社に戻って金沢から離れてしまう人物を、この期に及んで殺さねばならないという理由がない。話が混乱するのは夫が海女に偽名を使っていたからだが、なぜ偽名を使わねばならないのだろうか。

松本清聴のゼロの焦点は推理小説として評判の高いものだ。それでさえこうだから、横溝正史など読めたものではない。まあ、小説というのは何にしろ難しい。リアリティーを持った創作を作り出すのは至難の業なのだ。実は僕も小説めいたものを書いてみたことがある。近所に高層マンションが建つことになって、それを阻止した話だ。創作を交えてドラマチックな展開を考えてはみたが、結局、ありのままを書いただけに終わった。小説という形をとったのはペンネームで訴訟をさけるためだったにすぎない。

僕は小説の愛好家ではない。すぐにケチつけをしてしまうから、読んで感心したことがあまりない。ケチのつけようがなかったのは森鴎外くらいのものだ。鴎外の歴史ものは、丹念に調べあげて、資料を創作で補うもので、これは納得できる手法だ。創作部分も見事なもので、渋江抽斎では夫の危機を救うため裸で飛び出した妻を描いている。司馬遼太郎が「竜馬がゆく」で同じことを書いているが、もちろん鴎外をパクったものだ。全くの架空のことを、いかにも事実であるかのように仕上げるという意味では芥川龍之介が秀逸だ。こういった人たちの業は、映画脚本家ごときにまねのできるものではないということだろう。

年金生活入門-----貧困老人恐怖症 [日常日記]

退職して年金生活を始める時には戸惑った。なにしろ老人になるのは初めてだから、不安は誰にもある。貧困老人だとか熟年離婚だとか騒がれると気になるものだ。確かに、最初に年金をもらった時、少なさに驚いた。政府広報で「給料の60%くらい」と言われているのを信じていたら、足元をすくわれる。賞与とか経費とかを引いた可処分所得の60%と言う意味なのだ。つまり、まあ40%がいいところだ。

ああ僕もいよいよ貧困老人の仲間入りかとも思ったが、それも早計だ。収入が40%であっても、必要な支出が40%なら慌てることもない。多くの人にとって、長らく支出の多くを占めてきた「子供の学資」「家のローン」「将来の備え」が無くなったのだからこれは大きい。

三番目の「将来の備え」についてよく理解しておく必要がある。現役の時は、多かれ少なかれ失業のリスクがあった。会社の倒産やリストラに合うかもしれないし、失敗で詰め腹を切らされないとも限らない。収入は絶対確実とは言えず、一方でどんな場合でも家族は養なわなければならない。だから貯金や生命保険といった蓄えは必須だった。しかし、年金は何をやっても増減しないというものだ。年金が少ない場合、どんな努力をしても、もはや増やしようがないということで、絶望的にならざるを得ない。しかし年金が収入として確定されれば絶対的な安定性があり、例え犯罪を犯してさえ変わらないのだから、不安要素に備えた蓄えがいらなくなる。この違いは大きい。

人生は様々で年金は40年の積み重なりだから大きな格差が生じるのが当然のはずだ。しかし、大きな波風なく普通に定年まで働いてきた人の場合、大体基礎年金が5万、厚生年金が15万、これに妻の基礎年金5万が加わって合計25万円の年金ということになる。給料の格差は大きいのだが年金はそんなに変わらない。だれもが若い時の初任給は似たようなものだからだ。給料が安かった人の場合、共稼ぎが多いから、年金は2倍になる。結果的に、多くの人が二人で20万から30万に収まる。これは統計からも明らかだ。

さてこの年金で暮らせるかと言うことだが、証券会社などが、生活費が28万円必要だとかで不安を煽っているが、もちろんこれは投資に引き込むためのウソだ。中身を検討してみればすぐわかる。実は僕は最近まで家計は連れ合いに任せっきりで、どうやりくりしているのか全く知らなかった。一人で出かけるなどと言うことはほとんどなかったから、自分では財布も持っていない。連れ合いが寝込んで、買い物を僕がするようになってやっと家計の実態がわかって来たのだから、あまり偉そうなことは言えないのだが、大体のことはわかる。

家計には固定経費がある。我が家で最大のものは政府に取られる金だ。国民健康保険、後期高齢者、介護保険、税金を合わせると月に45000円と言うことになる。水光熱費は18000円弱、車の点検ガソリン代などが15000円、ボロ家はあるから住居費は5000円、情報通信費が10000円といった所だ。携帯電話は使わないし、テレビも見ないけど新聞は2紙取っている。これに被服・日用品10000円を加えて103000円が固定経費だ。準固定経費として食費があるがこれは月47000円位だから、合計で15万円。ブログを検索して見たのだが、これらは、大体似たようなものだ。いくら豊かであっても、ここまではあまり変わらない。

とりあえず、この固定経費が支出できれば苦労なく生きて行ける。ちょっと工夫すればもう少し圧縮できるだろう。月15万なら国民年金だけででは、ちょっと厳しいが、資産を取り崩したり、切り詰めればなんとかなる。年金が少ない場合には政府に取られる金が減るようにできている。年金というのは、最低限の生活に追い込むが、「生きさせろ!」という暴動は防ぐというように巧妙な設計がなされているように思う。実に嫌な設計だ。

統計的に見れば多くの人が二人で月15万以上の年金を確保しているから、貧困老人の心配はない。月28万必要だなどとだまされてはいけない。平均的な年金との差額2人で10万円余りが裁量の範囲になる。これをどう使うかが年金生活のポイントなのだ。これで趣味や旅行、酒といったものを賄うことになる。退職金などの資産があれば裁量の範囲はさらに増えて、これが意外に大きい。ここをよく理解せずに貧困老人恐怖症に陥っている人があるが、冷静に考えるべきだ。

資産の取り崩しでよくある間違いは、余命の過大評価だ。定年までに5000万円貯めないと貧困老人になるといったウソはこれを基にしている。100歳まで生きるとして40年で割るというのは愚である。80を過ぎれば、健康であってもアクティビティはなくなり、うまいものを食ったり、旅行に行ったりはできない。20年で割るというのが正解だ。しかし、必要経費を資産で補う場合は40年で割らなければならないから、ここが大きな分かれ目ではある。

病気になった場合はこの裁量資金は医療費になる。高額医療費制度があるから医療費が月5万円以上になることはない。寝込んでアクティビティが減った分で十分賄える。80歳以上で裁量資金を想定していない時点でも高額医療費44400円+780(食費)x30日=68800円を固定経費から転用すればいいのだ。よく保険会社が入院すると1日1万円かかると脅すが、これもウソだ。

もちろん、国民年金だけで家賃も払わなければならない人がおり、厳しいのはわかる。しかし、多くの、つつがなく人生を送って来た人が貧困老人になるというのはあまり心配しないで良いことなのだ。事例を見ると、焦って株で稼ごうとしたり、生きがいの懐失からギャンブルに走ったり、子供が自立してくれなかったりという事故的要素が絡んでいることが多い。これは別に年金生活に限らず現役だって起こることだ。

しかしながら、最後はどうするかということはやはり考えなくてはならない。特別養護老人ホームに入れれば、上記の固定経費の転用で済むが、有料老人ホームの場合、全年金をつぎこまなくてはならないかもしれない。ま、その頃には他に使い道はないのだからそれでいいか。問題は有料老人ホームはピンキリで料金格差がはなはだしいことだ。うたい文句だけで、入って見たら、設備が立派なだけで、何のサービスもなかったなどということも多々あるらしい。

人生の週末段階については研究の必要がある。それには、実際に老人ホームに入っている人の話を聞くのが一番だろうと思って検索してみたのだが、老人ホーム入居者のブログというのが一件も見つからなかった。なんと言うことだろう。ま、僕の場合、病気を抱えているから、老人ホームのお世話になるまで持たないことは確実だから、そんな心配をすることもないか。