So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

戦果は出ている、けど味方の消耗も激しいーー抗がん剤投与 [骨髄腫]

我が連れ合いの多発性骨髄腫。VRD療法3クール目になった。BD療法で行き詰まり停滞していた数値も再び下がりだした。IgG1121、これは正常範囲に入った。βマイクログロブリン2.3、あと一息で2を切ることができる。感度の良い、フリーライトチェーンはまだκが1360だからとんでもなく高く、κ/λも97だから1.4には程遠い。しかし、一か月前は545だし、その前は高すぎて測定不能だったことを思えば相当な改善だ。

ただ、症状としては悪化が進んでいる。副作用で一日中寝込んでいる日が多くなった。圧迫骨折の痛みが続いており、コルセットをつけてオキシコンチンを処方されているが、これも長い。骨折はそろそろ治癒してきてもいいはずだ。コルセットの圧迫感も長引くとつらい。しかし、痛みを感じない状態でコルセットを外すのは危険だ。また他の骨折をしたのでは元も子もない。

痛み止めの麻薬オキシコンチンを6錠から3錠さらに2錠に減らしてきた。減らしても痛みは、そんなに増えないから多分圧迫骨折は治癒してきているのだろう。炎症反応を示すCRPも下がってきている。しかし、減らすたびに強い離脱症状が出る。今回とうとうゼロにした。1錠2回を急にやめてしまうのはきついと思ったのだが先生は「1錠以下はありません」というころで、半錠という提案は没になった。

案の定、やめた翌日から3日に渡って吐きまくり、夜中も嘔吐で寝られず、体中に痛みが出てくるし昼間も倦怠感にさいなまれることになった。何もする気がなくなる。離脱症状は一時的なものであるが、倦怠感などの副作用は持続する。おそらくレブラミドの副作用だろう。食欲もなく体重がかなり減って来ている。気力も減退して弱気なことを言いだした。

体力の消耗が激しいが、あと2クール。なんとか持ちこたえて、寛解に持ち込み自家幹細胞移植に持って行きたい。ガイドラインによれば65歳以下が対象なのだが、治療開始の時に、元気だから持ちこたえられるという判断だった。今なかなか微妙なところに来ている。年齢で対象外としているのにはやはり理由があったのだ。「我敵陣ヲ突破セリ、サレド味方ノ損傷ハ極メテ多シ」といったところだ。

古い写真のデジタル化 [日常日記]

どこの家にも古い写真がたくさんあるだろう。80年代、90年代にはカラー写真が普及して、プリントも安くなったから多くの写真が残っている。連れ合いがアルバムを作っていたが、写真が多くなり過ぎで、かなりの写真が箱に入ったまましまい込まれている。整理をしようと思っても、色あせた写真が多い。当時のプリントの質は高くなく長期の保存には耐えられない。

カラープリントが長期の保存には耐えられないとわかってはいたので、僕は長く残したいと思う写真にはスライドフィルムを使うことにしていた。アルバムのように手軽にいつでも開けられないし、プロジェクターで映すにしても、昼間は明るすぎてダメだから、夜に限られ、連れ合いからは評判が悪かった。しかし、これが功を奏して40年後の今も色はかなりの鮮やかさを保ってくれている。

しかしながら、手軽に見られないという難点は相変わらずだし、この先だんだんと色あせていく事は避けられない。昨今の写真はデジタルファイルだから、保存に問題はないし、テレビ画面に大きく映すことも出来るから絶対優れている。この際、古い写真をデジタル化しておくのがいいだろう。第一、デジタル化すれば場所も取らなくなる。

出始めの頃のスキャナーは300dpiで、プリントした写真しかスキャンできなかったが、最近は2400dpiつまり100分の1ミリ単位の読み取りができ、スライドフィルムを直接読み取ることができる。高分解能のスキャナーを手に入れて実際にやって見たらスライドが見事にデジカメ写真に返還された。これはいい。

ところが実はここに大きな問題があった。それは時間がかかることだ。スキャナーはA4の大きさを持っており、2400dpiでスキャンするとかなりの時間がかかる。必要なのは35mmの範囲なのだが、仮スキャンして位置を定めなければならない。フィルム面は帯電して埃が付くから、ふき取りも必要だ。結局、一枚のスライドに5分くらいの時間がかかる。

1000枚近くあるスライドをデジタル化するには相当な根気がいる。暇に任せて連れ合いにゆっくりやってもらおうかと思っていたが、抗がん剤治療が始まった今、とてもそんな元気はない。僕だって10時間もスキャン作業を続ける気力は失せているから、正直、降参するしかない。

世の中にはこういった需要があるのだろう。「フィルムスキャナー」という商品がある。数千円くらいからあり、簡便にフィルムをデジタル化できる。これはスキャナーとは言っているが、フィルムを透かして見て内蔵のデジカメで写すものだ。画素数から言えば2400dpiに匹敵するのだが、内臓のデジカメのレンズがいい加減だからピントが甘い。一般に接写のピント合わせはなかなか難しいものだ。結局かなりぼやけた写真になってしまう。評判は良くない。

一方で、デジタル化ビジネスというのもあることがわかった。フィルムや写真を送ればデジタル化してくれるのだ。納期を急がなければ一枚25円といった安い価格で引き受けてくれる。1000枚で25000円だ。根気がなくなった自分の現状を考えるとこれくらいの出費は惜しくないような気がする。一枚5分かかるとなると時給300円の仕事だ。

ん? そんなビジネスがあるか? ひょっとしたら。「フィルムスキャナー」を使ってピンボケ写真を作ってくれるだけなのではないだろうか?ネットを検索してどんな品質に仕上がってくるのかを調べて見たがあまり情報はない。古い写真をどうするか。なかなか結論が出ない。

インターネットを高速にしてみるか(2) 502HW [日常日記]

我が家のインターネット接続。現在のモバイルルーターGL01Pを使い続けるかぎり月10GBの制約からは抜けられない。新しい機種にしなければデーター量制限のない契約は出来ないのだ。しかし、古いルーターは速度制限の機構が不十分らしく、実際上は20GBくらいまで使えるから少し気をつけて使えば僕の用途には十分である。気をつけて使うと言うのもなかなか煩わしいもので、時々月末には全く使えなくなってしまう。

もう一つの問題はskypeには少し遅すぎることだ。引きこもり気味の連れ合いに孫とのskypeを楽しませてやりたいのだが、昼間だと、月始めの調子の良いとき以外は画面が固まってしまう。インターネット接続のアップグレードを試みることにした。ところがどうもそれが単純ではなさそうなのだ。

新しいルーターは速いことが売り物だが、これには期待できない。空間は1つしかなく同じ周波数の電波は時間で細切れにして多数のユーザーに振り分けられている。ユーザーが多くなれば割り当ては減る。通信速度は同じ電波を使うユーザー数で決まっており、実際の速さは機器の最大速度とはあまり関係がないからだ。渋滞のある道ではフェラーリも軽自動車も同じ速度なのと同じだ。

しかしよく調べて見ると多少希望が持てることがわかった。現在の機種が使っているのは1.7GHzのLTE通信だ。その後ワイモバイルの周波数帯は増えて、2.5GHzや2.1GHz、800MHzなどが使えるようになっている。スマホやタブレットが増えたから、どの帯域も混んではいるのだが、新しい機種はキャリアアグリゲーションの技術を使って比較的空いた周波数帯を見つけて使うようになっているということだ。だとすれば多少は通信速度も早くなるかもしれない。

月末のデータ量規制のほうは、オプション料金を払えば、アドバンスモードにして解除することができる。しかし、データ量制限を回避するには、いろんな周波数帯を使うのではなく、2.5GHzに固定してそれ以外の周波数を使わないようにしなければならない。速さとは矛盾する。なぜ2.5GHzのAXGPでデータ量制限を解除するかというと、2.5GHzの電波は遠くに飛ばないからだ。直進性が強く、障害物を廻りこめないから、結果的にユーザーの数が少なくなる。だからデータ量を制限しなくとも何とかなるということらしい。逆に言えば2.5GHzはつながりが悪く途切れることが多いのである。

そもそも僕が住んでいる地域で2.5GHzの電波が来ているかどうかが定かではない。web pageの地図では新しい機種に対応した地域ではあるが、これは2.5GHzが使えることを意味しない。新しい機種は多くの周波数帯が使えるからだ。どれか1つでも使えれば適応地域になってしまう。地図とは別に公表されているリストによると僕の住んでいる地域の「一部」で2.5GHzが使えるとなっている。

「一部」なのかどうか会社のサービス窓口に聞いてみたら「地域個別の様子はわかりませんのでお近くのショップでお聞きください」ということだった。ショップに行ったら「僕らもネットで見るだけです。それ以上の情報はありません」と言う答えだ。

機種変更をすると料金が増えて制限値が下がることだけは、はっきりしているが、データ量制限が解除できるかどうかはわからないし、早くなるかどうかもわからないということだ。しかも一度機種変更をするともとには戻せないそうだ。客にいちかばちかやって見ろ、うちでは責任を持たないという姿勢だ。これは困った。

僕自身の判断としては使えると思う。2.5GHzは吸収合併でYmobileがウイルコムから手に入れた周波数帯なのだが、僕は昔ここでウイルコムのPHS接続を使っていた。だから設備はあって2.5GHzは来ているに違いない。もし2.5GHzが空いておれば問題は解決する。意を決して、ワイモバイルショップに機種更新を申し込みに行った。

ところがである。「お客様の契約は機種更新できません」というのだ。僕が購入した当時Y(yamada) mobileとして販売されていた。ヤマダ電機が主体でそれにEmobileが機器を提供していたのだ。ソフトバンクがEmobileを吸収して直接販売に乗り出したが、ヤマダ電機契約のものは取り扱いができないそうだ。今ヤマダ電機は専らwimaxを扱っている。

ヤマダ電機に連絡を取ってみると、一応機種変更ができるようだが、本社を通じての交渉になるから時間がかかる。どの機種も在庫はなく最新の603HWや504HWは難しいが、少し古い502HWなら手に入る。Ymobileから取り寄せるため一週間ほど待てと言われた。機種変更するとまたヤマダ電機と3年の契約になる。3年後にどんな取り扱いになっているかが心もとない。

さらに問題がある。今月すでに9GB使っているから、7GB制限の機種に変更すると最初から速度制限がかかってしまい、アドバンスモードには来月になるまで切り替えられないと言うから何のための機種変更かわからなくなる。しかも旧ルーターのあいまいな速度制限とは異なり、ぴっしりと128Kbpsに落とすというからたまらない。

月末まで待って機種変更するのも仕方がないか。下手をすれば、ネットワークを使えなくするために、余分なお金を払って、3年間の契約をすることになりかねない。それでも、ボーッと一日過ごしている連れ合いの様子を見ると、孫との会話などで元気づけてやる可能性があればそれに賭けたいと思ってしまう。ヤマダ電機との契約が終了するまで待つことは出来ない。

----->インターネットを高速にしてみるか(1)

続きを読む


やっと効いて来た抗がん剤 [骨髄腫]

我が連れ合いの多発性骨髄腫。BD療法で4クールが終わったが、検査数値は期待したほど下がらなかった。そこでレナデックスを追加することになった。今度はVRD療法(ベルケイド+レナリミド+レナデックス)を試みるのだ。レナデックスの副作用は倦怠感と眠気だ。一日中ボーッと過ごして元気がない。

連れ合いはとにかく口うるさい。「食べ物をこぼすな」「ティッシュはごみ箱に入れろ」「ひげを剃れ」、夫の躾を担当しているつもりだ。僕もそれに慣れてしまっているから、ボーッと座って何も文句を言われないのが、なんとも頼りない。あれだけ嫌だった口うるささが復活してほしいものになってしまっている。

彼女の趣味は読書と手芸だ。暇があればミシンをを掛けたリ編針を取り出していたが、根気が無くなりそれが出来ないらしい。読書もやはり倦怠感が阻害する。僕とは趣味が違って小説の類を毎週何冊も読んでいたのに、最近は全く読んでいない。

身体に影響はないが、味覚障害と言うのも気持ちの上では影響の大きな副作用だ。どこにも出かけたリできないし、読書もダメとなると、食べる楽しみが救いになるはずなのだが、何を食べても味がないのでは困る。変化のない毎日が続くから、娘が気を効かせて温泉に連れ出してくれたが、景色もお料理も楽しめず、家に帰りたいと言う。車に乗って移動するのも楽ではないらしい。それでも孫たちと過ごせたのは良かったようで喜んではいた。

そんな中でも、全く進展がないわけではない。VRDへの切り替えと同時にゾメタで圧迫骨折の損傷回復を図った。ゾメタは骨粗鬆症の予防的なものだが治療効果もあるとされている。これが効いたのか、痛みが少し和らいだのは朗報だ。こちらの副作用は嘔吐だが月一回だから我慢できる。

痛みが和らいで来たら麻薬オキシコンチンの減量をするのだが、離脱症状が出てくる。60mgから40mgに減らしたときは、激しい下痢と嘔吐が3日ほど続いた。40mgから30mgの時は1日で済んだ。30mgから20mgは嘔吐なしで減らせた。まだ痛みはあるのだが、あと一息で麻薬をやめてコルセットも外せるようになるだろう。

なんとかVRD療法の1クール終わって検査結果が出た。検査数値は明らかな改善が見られた。IgG1482、βマイクログロブリン2.4。どちらも正常領域に入った。フリーライトチェーンはκ/L=545だからまだまだ高くやっと測定できるところに来ただけだ。道は遠いが寛解を目指してVRD療法を4クール続けることになった。

効果があったのはいいのだが、この副作用があと6週間続くとなるとなかなかつらいものがある。へばり気味の連れ合いを励ましての毎日が続く。

インターネットを高速にしてみるか(1) GL01P [日常日記]

我が家のインターネットは古いEmobileルーターGL01Pだ。公称速度75Mbps。旅行にも持って行けるし、メールを出したりブログを書いたりするのには、これで十分だと思って使ってきた。月々3880円だから値段も安い。もともと僕がネットワーク接続を使いだしたときには電話機に音響カップラーをつけて300bpsの通信だったから75000000bpsは夢のような速さだ。webページごときにそんなスピードが要るはずがないと思うのだが最近のwebページは絵やリンクがやたら多くて情報量が多い。

だからやはりある程度の通信速度は必要なのだ。最近、月末になると極端に遅くなることが良くある。通信量に制限があって10GBを超えると制限に引っかかることになっているのだ。あまり動画を見たりはしていないのだが、宣伝が強制的に動画を見せるし、リモートデスクトップで研究室のコンピュータにつないだり、孫たちとskypeをするようにもなったから、データ量は増えているのだろう。

不思議なことに実際には10GB以上使える。通信制限を感じるのは20GB位になってからだ。思うに10GBで制限がかかってはいるのだが、気づかないのではないだろうか。75Mbpsが公称の速さなのだが、実際には15GBくらい使ったところで、30Mbps、昼間だと8Mbps。だんだん上限速度が下がって行く仕組みで、実際の通信速度以下になると遅さを感じるようになるのだろう。しかし、月末になって20MBに近づくと極端に遅くなりページの表示に5分もかかり使い物にならない。

まあ5年も使えば潮時だから、インターネット接続を新しくするかと考えた。ちょっと検索したら、すぐに嗅ぎつけたと見えて「nuro光]とか「フレッツ光」「wimax」といった宣伝がPCに表れるようになった。googleに心の中まで監視されているようで嫌な気持ちだ。

面倒がないのはEmobileのアップグレードなのだが、実は素直にアップグレードにならないという問題がある。新しい契約では容量制限は10MBではなく7GBに下げられてしまっている。オプションの容量制限解除に別途支払わなくてはならないから値上げになる。新しい契約の利点は通信速度が最新の機器603HWでは612Mbpsといった驚異的な速さになっていることだ。ところが実はこれにもトリックがある。

612Mbpsの規格でつながる基地局は限定されており、どこでもつながるわけではないとは書いてある。僕の地域にそういった基地局が配置されていないのは当然かもしれない。では、どこにあるかと調べて見ると、ほとんどどこにもない。東京都内にさえ一か所もないのだから驚く。ホームページには新しいルーターが「使える」地域を示す地図があり、これで見るとどこでも使えるように見える。ウソではない。どこでも「遅いルーター並みに使える」のである。「最高速度は理論的なもので実際の速度を保証するものではありません」を隠れ蓑にした悪質な通信速度偽装だ。ネットを検索すると「以前の機種より少し速くなった」というレビューがたくさんあるが、これは全部ウソである。

基地局が整備され612Mbpsの規格でつながったとしても、実際には回線が混雑して、せいぜい50Mbpsだと言うことだ。そうすると今の75Mbps規格以下だから実際には何も変わらない。渋滞のある道ではフェラーリもワゴンRも同じ速さにしかならないのだ。一方でデータ量制限はかえって下がる。一体何のメリットがあるのだろう。オプション料金を払えば容量制限が解除できるだけだ。もともと古いEmobileには容量制限などというものはなかった。途中で10GBの容量制限が加わった。容量制限を有料で解除するには新しい契約にして容量制限を7GBに下げねばならないというわけだ。

なんとも馬鹿馬鹿しい話だから、この際固定回線を引こうかと思う。こちらの方は少し高いし、事務手数料がいる。それにEmobleの解約金というのも加わる。電話も併せて変えると安いそうだが、電話とルーターが別の部屋になる我が家の場合、追加工事が必要なのだがその代金は契約後工事が始まってから教えるという変な話だし、工事に2か月もかかるというのだから、こちらもあまり気乗りしない。

固定回線だとルーターを持ち出すわけには行かない。ふらりと旅に出て、宿探しをするなどと言う時にインターネット接続は欠かせない。宿にWiFiがないことの方が多いから翌日の計画を考えるにも支障がでる。連れ合いの抗がん剤治療があり、この先どれだけそんな機会があるのかわからないのだが、どうしても可能性は残したいと思ってしまう。人間は希望の生き物なのである。

連れ合いの抗がん剤も効きがいまいちだし、「どうしようかな」とウダウダ迷う日が続いている。

----->インターネットを高速にしてみるか(2)に続く

前の5件 | -