So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

発明でお金を儲ける夢は消え [日常日記]

僕は十数件の特許を持っているが、どれ一つとして製品化されたものはない。実験装置の発明だから同じ研究をする人以外に使い道はなく、製品化されないのは当たり前かも知れない。ある時から急に大学や研究所でも特許を取ることが奨励されるようになって、仕方なく取って見ただけのものだ。「優れた発明」と「儲かる発明」は全く別物である。実は「儲かる発明」でなければ特許の意味はない。特許は発明による儲けを保護するためのものだからだ。僕には発明が儲けに結び付かなかった前歴があるということだ。

しかし発明・工夫というのは面白いものではある。実験結果よりも装置の工夫にのめりこむのが僕の悪い癖だったのだが、退職してからも、生活用品のの工夫を試みる癖は抜けない。磁石で車にくっつくカメラスタンドとか、駐車券を入れる伸ばし棒とか、ブログ自動巡回ソフトとか、寝床で本を読む書見台とか自分では良くできた発明だと思うのだが汎用性はなく、売れるものではない。その中でこれは「儲かる発明」ではないかと思うものが一つある。それはコーヒーファネルだ。

旅先でコーヒーが飲みたくなることがある。素晴らしい景色を眺めながら飲むコーヒーは格別の味だ。大抵そんな自然の中にコーヒーショップなどない。ここでコーヒーを飲めたらなあと思う。カンコーヒーといったものもあるが、そんなまがい物では満足できない。自分でコーヒーを淹れるのは、そう難しくない。水は割と簡単に手に入ることが多い。水とカップがあれば固形燃料でお湯を沸かせる。ペーパーフィルターなんか別にかさばるものではない。問題はフィルターを入れるファネルだ。重くはないがゴロンとした形でもちろんポケットには入らない。ポケットに入るコーヒーファネルというのが僕の発明だ。

4枚の板を組み合わせてファネルにする。はめ込みでうまく組み立てられる形状というのがポイントだ。ばらせば4枚の板だから全くかさばらない。実は折りたたみ式のファネルと言うのはキャンプ用品としていろいろ売り出されている。しかし、普通の台形フィルターが使えなかったり、金属フィルターで掃除が大変だったり、満足の行くものがない。しかも2000円とかの結構な値段だ。僕のファネルは熱に強いポリカを使うのだが原価は50円くらいだろう。1000円で売れば絶対売れる。これは特許というほどのものではないが「儲かる発明」だと思った。

これを商品化して売り出すビジネスを企てたのだが、いろいろ調べて見て結局は儲からないと言うことがわかった。それでも、少ない赤字なら、一度社長になって見たいという気持ちが有ったので、配偶者にバカにされながら、ちょこちょこと準備はしていたのだ。しかし、今日、ついにこの夢は消え去った。

紙製の台座付きの使い捨てフィルターと言うのが売り出されているのを見たからだ。お湯を注げばコーヒーになるインスタントのパックと言うのがよくあるが、これはまずい粉だから競合しない。しかし、コーヒー粉が入っていなくて、自分の豆が入れられるなら、こちらのほうが僕のより軽量で手軽だ。値段も10枚入りで300円だ。多分、キャンプ用の折りたたみファネルも売れなくなるだろう。

「儲かる発明」というのも難しいものだと言う事だけはよくわかった。僕は意地でも毎朝淹れるコーヒーには僕の発明品を使い続ける。使い慣れた器具で、普段と同じ調子で旅先でもコーヒーが飲めると言うのが唯一の言い訳だ
nice!(0)  コメント(0) 

思い出す海へのあこがれ夏休み [若かった頃]

孫の誕生日には本をプレゼントすることにしている。早いものでお姉ちゃんは6年生、12歳になる。思うに12歳というのは子供として一番充実する時だ。この後は大人としての一歩が始まってしまうし、楽しいばかりの人生ではなくなる。僕は12歳の時にどんな本を読んだだろうか?やっぱり冒険物語だろう。

15少年漂流記、ロビンソンクルーソー、スイスのロビンソン、宝島、黒い海賊、ガリバー旅行記。うっ。航海物ばかりだ。海辺に住んでいた関係もあって、実は海へのあこがれで僕の頭は占められてしまっていたのである。そうでなくともあの時代、遠くへ行くとは船に乗ることだった。今でさえ外国は「海外」と言うくらいだ。

せっせと模型の船を作りながら、いつか航海に出る夢を膨らませていた。しかし、毎日学校がある日々の生活は、こうした冒険物語の世界とはかけ離れており、あまりにも現実から遠かった。だが夏休みとなれば学校はない。だから夏休みの物語となれば急に現実味が出てくるように感じられた。

子供だけで帆船をあやつるといった素晴らしい夏休みを物語にしてくれていたのが、アーサー・ランサムだ。僕はこのシリーズの物語をわくわくしながら読んだのだが、どういうわけか、あまり知られていない。岩波書店が38巻もの全集にしているのに不思議なことだ。

ハリーポッターは全部読んでしまったというお姉ちゃんに今年プレゼントするのは「ツバメ号とアマゾン号」がいい。おばあちゃんは冷ややかな目で見ている。「女の子よ。海の冒険なんておバカな男の子とは違うのよ。」そんなことはない。「ツバメ号とアマゾン号」では女の子が活躍するのだ。

僕と同じように海にあこがれているわけではないだろうが、お姉ちゃんには結構冒険心があると見ている。6年生の夏休みはとても大切なのだが、お姉ちゃんの場合は充実しており、それなりの冒険があったと思う。

UCLAのチアリーダーたちが指導するスポーツキャンプに行って少し英語も覚えてきた。新学期が始まり、修学旅行ということで鎌倉に行き、居合わせた外国人に話しかけて一緒に写真をとってきたから、いい度胸だ。同行の友達は驚いてしまい、運動会での活躍と共に武勇伝化しているそうだ。

せっせと本も読んで、読書感想文のコンクールでは入選になった。仲間を募って雪合戦に参加した。近くにある冷凍機の会社が雪を提供してくれて、真夏に雪合戦をやると言うのが恒例のローカル行事なのだ。友達に声をかけてまわり、11人のチームを集められたのは素晴らしい。丸めた新聞紙の玉で練習して優勝ということになった。NHK首都圏ニュースにインタビューされて嬉しそうな顔を見せていた。

海にあこがれただけの夏休みでさえ心に残る。思い切り遊べた夏休みはやはり人生の宝物だろう。
nice!(0)  コメント(1) 

KDの療法効いて秋の風 [骨髄腫]

秋風が吹き、めっきりと涼しさが感じられるようになった。1月から始まり、紆余曲折があって難航していた連れ合いの抗がん剤治療なのだが、ついに進展が見られるようになった。うれしいことにカイプロリスが劇的に効いている。

抗がん剤治療はCBD療法で始まったがエンドキサンがきつかった。CBDとVDでは大きな差がないとのことでエンドキサンを止めてVDに切り替えるという判断になった。しかし、どうも効きが悪く検査数値が少し下がったあと停滞してしまった。そこでレブラミドを追加してVRD療法にした。これは効いた。IgGは700までさがり、βマイクログロブリンも2.0になった。自家幹細胞移植まであと一息だし、末梢神経障害とか血小板の減少とかの医学的な副作用も現れない。

ところが自覚症状的には、なかなか強い副作用が続いた。倦怠感が強く、下痢嘔吐、不眠にさいなまれ、さらに圧迫骨折の痛みが重なった。これが長引くとなかなかつらい。3クールまで頑張っては見たが、精神的にもひどく落ち込むようになって、どうしてもレブラミドが続けられなくなってしまったのだ。あと少しだから頑張れと励ましてみたが、見る影もなく衰弱して、これではたとえ数値が下がったところで、自家幹細胞移植をするだけの体力がなくなる。

かといってレブラミドを止めたのでは効き目がないことはすでにわかっている。そこでベルケイドをカイプロリスに切り替えて見ることになった。カイプロリスはベルケイドの末梢神経障害といった副作用を軽減した新薬だと言うことだから、効果はベルケイドとあまり変わらないと思われ、これでレブラミドなしで治療できる期待はあまりない。しかし、物は試し、やって見ることになった。

ベルケイドは週一回の皮下注射であるのに対してカイプロリスは、週二回の点滴が必要になるから、かなり面倒だ。だがこの際そんなことは問題でない。幸いなことに家から大学病院は近い。二週間の入院を経てKD療法が始まった。レブラミドの副作用が治まったことで元気は出てきた。体重も少し回復して気分的には全く違う。圧迫骨折の痛みも治まってきている。問題はこれで効果があるかどうかだ。IgGがここまで下がるとあとはフリーライトチェーンを見て行くことになる。彼女の骨髄腫はκ型と言われるもので3800以上で測定不能なくらいκ値が高かった。

VDでは全く下がらず、VRDにしてκ/λが530から66にまで下がったが、実のところ一か月後63で、VRDでさえ停滞気味だった。目標の1.7には程遠い。KDでκ/λがまた跳ね上がるのではないかと懸念された。検査結果が問題なのだが、フリーライトチェーンの検査は保険の関係で月に一回しかできない。しかも測定結果は2週間後にならないとわからない。

検査結果がわからないまま日が過ぎて、秋口になってやっとその結果が出てきた。先生がにっこり笑って結果を見せてくれた。なんとκ/λは7.6になっていた。素晴らしい。一挙に一桁下がったのだ。

現在2クール目が終わったところだ。この調子なら3クールを終えたところで、κ/λも目標に到達するかもしれない。秋風がことさら心地よく感じられる。
nice!(0)  コメント(2) 

階段に昇降機でも付けようか [日常日記]

連れ合いが退院してきて二週間になる。ベルケイドをカイプロリスに変えて、KD療法に切り替えた。副作用の原因だったレブラミドを止めている。まだ全ての検査結果が出ているわけではないのだが、KD療法が効いている兆候がある。IgGは617まで下がった。これは素晴らしいことだ。

随分と元気になって、またもとのうるささが復活している。「シャツを着替えろ」「チリ紙はゴミ箱に捨てろ」「風呂に入れ」「速く薬を飲め」「爪を切れ」「ひげを剃れ」等々、よくもこれだけ文句のネタを見つけられるものだ。

しかし、まだ足腰は弱ったままだ。僕もだんだんとステロイドによるミオパシーで筋力が弱ってきている。どちらも階段の上り下りが楽でない。何か対策を考えねばならない。二階を使わず、一階だけで暮らすとと言うのも一つの案だが、僕は気が進まない。この家を建てた時には、いろいろと考えて創意工夫があったのだ。それを無にするのは残念過ぎる。

二階に風呂を置いたのも、40年前には極めて斬新なアイデアだった。いくつかの住宅メーカーには拒否された。水物を二階に置くのはタブーだった。いまでは当たり前になっているが階段をリビングに付ける構造も当時としては珍しい。階段は玄関横に付けるものと決まっていた。いまさらリフォームで一階に風呂を作って二階の風呂を放棄するなど考えられない。

簡易なエレベータを付けてやろうかと考えて見た。要するにカゴをロープに付けてモーターで上げ下げすればいいのだからリビングの天井に穴を開ければいいだけだ。ところがである。どうもこれは法律で禁止されているらしい。エレベータには厳格な安全基準があって、建築確認の申請までもしなければならない。そのために建築技師による設計がいるし、定期安全点検の費用も負担しなければならない。家を建て直した方がましなくらいだ。

同じようなもので、いす式階段昇降機と言うのがある。階段にレールを敷いてその上を椅子が動く。階段に置くだけの「物」だから建築物ではないという解釈で、特に法律上の手続きはいらない。本当はこれも法律違反だ。階段の幅は規制があり、人が通れればいいからといって、30㎝幅にするわけには行かない。半間が最低幅らしい。レールを設置すれば幅が規定以下になるから、申請すれば認められないはずだ。

昇降機のメーカーに設置費用を含めての見積もりを依頼して見たのだが、設置は別に大工さんに頼んでくれと言われた。多分、直接工事をすると、建築法上の対応が必要になるからだろう。

実は、リビングから二階に上がる我が家の階段には問題がある。階段室のスペースを節約するために、上がり切ったところで90度曲がる「上曲がり階段」であるから上端部にある曲がりの内側は4段垂直で、通るのはもっぱら外側という代物なのだ。当然、真っすぐなレールを階段内側に乗せるわけには行かない。かといって外側に曲がったレールを付けてしまうと、歩いては登れなくなる。

ドイツ製の高級な階段昇降機は、急激な勾配変化もこなせるのだが、日本製と違って椅子が大きい。階段室下には酸素濃縮器も設置されているから、とおせんぼになってしまう。椅子は普段二階に置いて、必要な時に下へ呼び寄せることも出来るが、それでは待ち時間が長すぎる。

確かに昇降機の速度が遅いということは問題ではある。自力で登れるなら這ってでもその方が早いかも知れない。車椅子になってしまえば昇降機は使えない。どれくらい役に立つのか知りたくて、使っている人のブログを検索したりしているが全く情報がない。あるのは昇降機の売り手のブログばかりだ。

なんとか、壁を使ってうまく昇降機を付けたい。DIYで自分でやれば簡単だと思うのだが、それが出来るくらい元気なら昇降機なんかいらないだろう。なかなか引き受けてくれる大工さんが見つからないし、どれくらい役立つかも定かでない。階段昇降機をめぐって、しばらくあれこれ考えることになりそうだ。
nice!(0)  コメント(2) 

夏は過ぎ秋はまだ来ず旅の宿 [旅行]

連れ合いはBRDからKD療法に変わり副作用が治まっている。これで効いてくれればいいのだがまだその効果はわからない。ともかくもレブラミドを止めたことで、副作用にさいなまれることは少なくなっている。本を読む気力も復活して、読書で日を過ごすことが多い。

まだ歩くのは楽でないが、副作用の谷間の機会に少し出かけて見たい。僕のほうの足腰が弱ってきていることを切実に感じているから、多少の無理をしても、今のうちに出かけなくてはいけないと思ってしまうのだ。調べて見ると休暇村奥武蔵がこの月曜日だけ空いていた。あまり乗り気ではない連れ合いを説き伏せて出かけることにした。

子供たちの夏休みも終わった。川遊びや渓流釣りでにぎわった甲州街道沿いの谷間も人波は途絶えている。雨が多いし川の水に入るのはちと冷たい。かといってもちろん紅葉には早すぎる。休暇村奥武蔵の近く、巾着田と言われるところは、初秋に曼殊沙華の群生することで有名だ。ところが、これもまだ少し早いようで、今年はまだ咲いていない。

何もあてはないのだが、ちょっとした御馳走を食べてゆっくりとしてみる。それも悪くないだろう。出かけるなどと言うことができるものかどうかを試してみるという意味合いもある。彼女はコルセットで身を固め、シニアカートを押す。僕はあちこと痛み止めの膏薬を貼って酸素ボンベを担いで杖をつく。携帯用酸素濃縮器、呼吸器、多種の薬、車に積み込む荷物は結構多い。

ムーミン公園や博物館など寄り道をして行こうと思っていたのだが、小雨が降って来た。博物館・資料館の類は月曜日が休みだった。道理でこの日だけ部屋が空いていたはずだ。休暇村というのは設備が整っているのにリーゾナブルな価格設定で人気があるから、先まで予約が詰まっているのが普通だ。早々と到着してしまった。

町村合併で市になっているが、深山幽谷谷間の村と言いう景色だ。落ち着いてのんびりしよう。部屋に入って窓から眺めていると、次々に宿泊客がやってくるのが見える。年寄りばっかりだ。夏の観光シーズンも終わったし、秋の旅行シーズンはまだ始まっていない。平日だし、まあ、家族連れや働き盛りが来るわけはないよな。年寄りばかりの客層に違和感を持つのは、旅は若者のすることと言う偏見があるからだ。

その昔、僕が若者として旅をしたころは、どこへ行っても若者ばかりだった。駅は「カニ族」などと言われる背中にリュックを背負った若者であふれていた。僕らが子供たちと旅行した頃には、どこも家族連れが目立っていた。順繰りに年を取って、今は出かける年寄りの群れになっているのか。やはり団塊の世代は人口が多いのだろう。それにしても、大浴場に入った時に目にした、洗い場にずらりと禿げ頭が並ぶ光景は異様だ。思わず身を引いてしまった。

良かったのは食事が素晴らしかったことだ。東京からも日帰りの圏内だから食事が悪ければ誰も泊まってくれないから力を入れているようだ。会席料理なのだが、ごく丁寧に作ってある。それにバフェがプラスされていて、寿司やうそん、その他の料理も食べられるし、デザートもやフルーツもたくさんある。このところ全く食べられず6㎏も痩せた連れ合いだが、食欲も回復しており、久しぶりに「美味しい」いう言葉を口にした。

休暇村はバリアフリーになっている。杖をついた人も多いが、車椅子の人も少なくない。中には車椅子ばかり4人というグループもいた。車椅子を使うようになっても、臆面なく旅に出かけるという文化。僕らの世代がこれを切り開いたとしたら、それは誇るべきものの一つだろう。
nice!(0)  コメント(2) 
前の5件 | -